他人の面倒が必要な一人暮らし

一人暮らしとなると、親の世話も無く子供の世話も無く、 伴侶に気を使うこともないかなり自由な住まいが想定できます。 一人暮らしってわびしい、なんてイメージを感じる人もいますが、 他人による面倒や苦労が無いために結構幸せな環境だと思われます。 自分一人の世話だけを見ていれば良いのですから、これだけ楽な暮らしがあるでしょうか。 一人暮らしをしていると部屋を汚すのは自分なので、 部屋が汚いからと言って同居人に不満を抱く必要も有りません。 冷蔵庫に置いてあったプリンを食べられて憤慨、なんて古典的な喧嘩も起こりませんね。 無趣味、仕事が楽、という人は一人暮らしが結構寂しいかもしれませんが、 一人で暮らしているとなると自分の稼ぐお金は自分で稼がなければならなくなり、 仕事が楽な人はあまりいないような印象を感じられます。 定時で仕事が終わっても一人暮らしを続ける為に、 副業としてアルバイトをしている人までおり、 そういった人は一人で暮らしていても寂しさを感じる隙も無いでしょう。 隣の部屋の騒音がやや聞こえてしまっても、 仕事で疲れていればもうそんな騒音に気を回す余裕すらなく、 早々に布団に入ってぐっすりと眠って朝を迎えることとなります。

ほどほどなる清潔感の住まい

私は一人暮らしをしているのでそれ程ゴミが出ないはずなのですが、
気付くと床にぽろぽろとゴミが落ちており頻繫なる掃除が必要になります。
足の指の甘皮を剥いでお手入れをするのが好き…

賃貸と自炊について

一人暮らしをするうえで避けられないのが自炊するかどうかだと思います。私は外食と自炊が半々ぐらいですが、自炊を続けるための賃貸アパート選びについて書こうと思います。まず、なによりも重要なのが借りようとしているアパートの近くにある程度の規模のスーパーがあるかどうかです。近いならば学校の帰りや会社からアパートに帰ってから買い出しにいく気力が湧きますが、遠いと疲れているときなどコンビニですましてしまうことが多くなります。また、お店が通学、通勤路の途中にあることも重要だと思います。毎日買い出しに行く習慣がつきやすいからです。 アパートのキッチンの広さも重要です。キッチンが狭いとまな板が小さいものしかおけず、食材が切りにくかったりしますし、切ったものを置いておく場所に困ったりし嫌になってしまうものです。また、流しの大きさも見逃せません。流しが狭いと跳ねた水が床を濡らしやすくなったり、洗物の置き場にも困ります。 バーナーが二つのガステーブルコンロを設置できるかも大切です。火を使った料理を2品作ろうとした場合バーナーが一つしかないタイプですとどうしも先に作った料理は冷めてしまい、食べるときにがっかりしてしまいます。 自炊を続けるうえでアパートの立地条件やキッチンの広さは意外と重要です。自炊を考えている人に少しでも助けになれば幸いです。

おすすめサイト

日本ソフトウェアデザイン株式会社:NAVERまとめ
ダイニングテーブルの通販で良い商品を見つけましょう|エンジョイホーム
シェアハウス大阪で一押しです:アニモ企画
寮の求人情報をお探しなら|グッジョブナビ
三宮ネットカフェの人気店です:なゆた